鬼滅の刃観てきました!


大戸屋さんで大戸屋ランチにひと口カレーをトッピングしたらあまりに美味しいので「美味い??」と叫んで鬼滅の刃を観に行ったらシンクロが(笑笑)。


初の鬼滅でしたが中田のあっちゃんに教えてもらっていたので内容も理解出来て楽しめました。

炭治郎の服の色がサイクロン&ジョーカーだったのも親近感を感じましたよ(笑)。


人生の儚さややるせない気持ちを深く表現して乗り越えていく部分はのめり込みますね?。時代劇がこんなにもヒットするのは何か訳があると思っていましたが実際に観てみると納得です。


私が物心ついて最初にこんな大人になりたいなあ。と思ったのが素浪人月影兵庫の近衛十四郎さんでした。殺陣では歴代最高の評価でお笑いのセンスも抜群の方でしたが代表作のほとんどがDVD化されておらず封印された英雄でした。

アニメと実写版では全く表現が異なりますが鬼滅の刃の煉獄さん親子に近衛十四郎さんと息子の松方弘樹さんが重なりました。近衛さんと松方さんは柳生武芸帳で何度か競演していますが素晴らしかったです。こちらはDVD化されており片目の十兵衛で検索すると出てくると思います。

私のなかでは実写版は素浪人月影兵庫、CGならるろうに剣心、アニメなら鬼滅の刃が一番ですかね。

煉獄さんの髪型、剣心の赤い羽織、そして月影兵庫の十剣無刀流上段霞切りをミックスしたキャラクターでトロッコ列車に乗って旅に出たくなりましたよ(笑)。


そして鬼滅の刃を観たことで私の中の時代劇も令和の世界にアップデート、時間をみてコミックも見たいと思いました。




Copyright © 還暦十四郎のご機嫌日記 All Rights Reserved.